映画・テレビ

久しぶりに映画館へ

昨日、とても久しぶりに映画館へ行きました。観た映画は「アマルフィ~女神の報酬」。小説を読んだので映画も観てみようと思い立ったのと、去年行ったイタリアの景色がふんだんに出てくるようだったので、それが見たい一心でした。(以下、内容に触れたりもしますので、これから観る方は気をつけてください。)

結果、映画もそれなりに頑張っていましたが、やはり小説の方が面白かったな~と思いました。もちろん、それなりに面白かったし楽しめましたが、なんと言っても主人公の黒田というキャラクターがなんとなく中途半端なままだったのがどうにも納得がいきません。もちろん、映画と小説は別物ですし、現実に映像化するのは難しいであろう場面も小説には多々でてきますから、全てを同じように作るのは困難だと思います。ただ、黒田という主人公のクールな部分を強調しようとするあまりなのか、台詞を削りすぎていてなんとなく掴みどころの無い感じになってしまっています。まあ、それがミステリアスな感じと取れなくはないのですが・・・。

何より大きく違ったのは、黒田が邦人誘拐事件に関わっていく経緯です。小説では自らかなり積極的に邦人保護の名目で外交官という立場を超えた関わりをするのですが、映画では関わるつもりも無いし手助けするつもりも無かったのに、致し方なく巻き込まれてしまうことになります。ここは全く黒田の態度が違うところなので、ちょっと驚きました。

小説の中では、イタリアへ黒田が赴任した際に彼のプロフェッショナルとしての能力と危機管理に対するセンスを強調するエピソードがでてきますが、映画にはほとんど出てきません。この辺をもう少し映画に入れて欲しかったです。そうすると、その後黒田が取る身勝手にも見える言動がもう少し生きてくるのではないかと思います。

小説を先に読んだのでついつい比較してしまいましたが、別物と割り切った方が楽しめると思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TVドラマを観ていますか?

先日、友人とどんな連ドラ(←言い方が古い?)を観ているか、という話になりました。私はあまり根気のある方ではない上に飽きっぽいので、最後まで見通したというものがほとんどありません。大抵初回と2回目を観て3回目位を見逃して、そのままずるずると見逃したまま、気がつけば最終回(!)とか、録画していることに安心して途中経過を観ないまま最終回だけ観てしまい、結局録画していたものは観ないままになってしまうとか、そんなパターンばかり。対して友人は結構マメに観ている上に、気に入ったドラマは録画したものを何度も観たり果てはDVDまで購入したり、とドラマを満喫しているそうです。

私が今まで熱心に観たドラマは、刑事物と時代劇でしょうか。推理小説好きなので、サスペンスものの2時間ドラマは、最初から結末が分かっているようなものでもなんとなくダラ~っと観てしまうことが多いです。(でも、これは連ドラではありませんね。)最近のドラマでは気に入って比較的よく観ているはずの「相棒」ですら、忘れていて観てない、ということがよくあります(^_^;)

時代劇は最近ほとんど観ていません。鬼平犯科帳も終わってしまいましたし、実際ちらっと観てもなんだか造りすぎていて無理なドタバタ劇になっていたりしてガッカリさせられます。そういえば、最近は時代劇にあまり番組表でお目に掛からないような気がするのですが、人気がないんでしょうか。

私の幼稚園の頃のヒーローは銭形平次(もちろん、大川橋蔵さんです!)だったし、その他にも黒門町の伝七親分とか、江戸の黒豹とか遠山の金さん、大江戸捜査網、影の軍団、など、以前はいろいろな時代劇が再放送も含めて放映されていたように思います。中でもお気に入りだったのが「騎馬奉行」。今の松本幸四郎さんが襲名前に染五郎の名で出演されていたドラマです。単純に言ってしまえば、火盗改めの頭を務める黛内蔵助(市川染五郎)が部下と共に悪と戦うというだけのお話しなのですが、我が家では兄弟の中でブームになり、夢中で観ていたように記憶しています。実は、あれ程好きだったはずなのに内容はほとんど覚えていなくて、オープニングの黛内蔵助が馬に乗って走ってくるシーンと部下の「平岩さん」が悪漢との戦いの末に死んでしまったことだけが強く印象に残っています。なぜか私達兄弟は「平岩さん」が大好きで、死んでしまった時には泣きながら観ていたのを覚えています。未だにその役者さんをテレビで観ると、「あ、平岩さんだ」なんて言っているほどです(笑) 

あの頃ちょうどビデオデッキを我が家でも購入したところで、日中の再放送にもかかわらず、きっちり録画してワクワクしながら観ていましたね。今の杜撰さとは雲泥の差です。ところで、この「騎馬奉行」、話をしていた友人はもちろんのこと、以前にも人に聞いてみたことがあるのですが、いまだ「知ってる」と言う人に出会えません。よっぽど人気のない番組だったのでしょうか。今観たら、とんでもなくつまらないと思うのかもしれませんが、幸い内容を覚えていないので、このまま楽しかった思い出として残しておくのもいいかな、なんて思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芸能人社交ダンス部

芸能人社交ダンス部を(途中からでしたが)ついつい最後まで観てしまいました。ブラックプールで2組とも予選敗退してしまったのは残念。世界の壁は厚いといったところでしょうか。

続きを読む "芸能人社交ダンス部"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

メゾン・ド・ヒミコ

「メゾン・ド・ヒミコ」を観てきました。面白くて結構笑えるのですが、世間一般の枠組みから自ら外れることを選んだ人達の苦悩と、その人達を受け入れる難しさが伝わってくる映画でした。オダギリ・ジョーのゲイ役が意外にもよくハマっていてなかなか良かったですが、何より良かったのがメゾン・ド・ヒミコの住人達です。オカマの仕草が板についていて、違和感がなく本当のオカマの人達かと思ったくらいでした。自分で選んだ道でも、そのことで傷つく人がいたり、自分も傷ついたりしてしまうことがあります。そんな人達の様子を淡々とそしてちょっとコメディ風味に描いている佳作でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)