« 『サイン会はいかが?』読了 | トップページ | 寒い朝 »

『天使の報酬』読了

『天使の報酬』読了

「黒田さん。あなたという人は、なぜ外務省に入ったんです?警察庁に進んで
 いたなら、今ごろ我々の上司になっていたかもしれない。なあ、大垣君」
 (『天使の報酬』)

年が明けて、あっという間に半月が過ぎてしまい、1月も既に後半です。
毎日寒くて震えていますが、それより憂鬱なのがこれから始まる
花粉の季節。今年はかなり酷くなると去年から言われているので、
気分的に既に負けてしまっている感じです(>_<)

年末年始、やたらにインプットばかりしてました。
読む読む、ひたすら読む・・・。
アウトプットは全く追いつかない状態になってました。
自宅PCの調子が良くないのも要因の一つ。
ついついPC立ち上げるのが億劫になってしまって。
って、すべて言い訳ですが(^^;)
ひたすらインプットしていた時の本の感想は、追々書けたらいいなと
思っています。

さて、昨年末に刊行された真保さんの新刊『天使の報酬』です。
『アマルフィ』に続く黒田康作シリーズ第2弾。
面白かったです。久しぶりに真保さんの作品でドンドン先が
読みたいのに、読み終えてしまうのが惜しいと思いました。
この前に刊行された『ブルーゴールド』も面白かったのですが、
少し小さくまとまり過ぎてしまった感じがしていたので。

サンフランシスコで、日本人女子大生が行方不明となります。
その子の父親からの要請で、邦人保護担当の黒田康作が調査を
することになります。
調べていく内に、単なる女子大生の失踪事件ではなく、その裏に
隠された様々な秘密が浮かんでくるのです。
その後事件はサンフランシスコから日本へ舞台を移し、外務省だけでなく
警視庁、警察庁、厚生労働省を巻き込んでの駆け引き、罠などが
次々に現れてきます。

登場人物が官公庁に所属しているケースが多いため、どの人物も
ひと癖あり、霞が関で泳ぎ渡ってきた逞しさを感じさせます。
人としての個人的なあり方と、官僚という立場との板挟みになっている
人々の姿は、私が抱いている官僚に対するイメージとは少し違っていました。
もちろん、イメージ通りの人も登場しますが(笑)

この作品はフジテレビで先週から始まった連ドラ「外交官 黒田康作」の
原作だそうですが、ドラマの第1回目を観た限りでは全然別物でした。
これからドラマの方のストーリーがどう展開するのかは分かりませんが、
登場人物が、小説の登場人物と名前が同じなだけで設定がかなり違って
いましたし、話の発端も全然違いました(^^;) まあ、こんなもんでしょう。
『アマルフィ』も映画の方は「あ~あ」という感じのストーリーになって
しまっていましたので、そこから考えればなんとなく・・・。
《小説》と《ドラマ》はまったく別物、と考えた方が素直に楽しめる気がします。
あるいは、設定の違いを探して楽しむというのも面白いかもしれません。

|

« 『サイン会はいかが?』読了 | トップページ | 寒い朝 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130455/50635011

この記事へのトラックバック一覧です: 『天使の報酬』読了:

« 『サイン会はいかが?』読了 | トップページ | 寒い朝 »