« 泡立てる | トップページ | CDの管理 »

ホクホク

ホクホク

昨日は思わぬ収穫があってホクホクです。

本とCDは別々の人から貸していただいたのですが、どちらも思いがけず借りられる
ことになったものです。

本は貴志祐介さんの『悪の教典』です。
貴志さんの本は実は『黒い家』しか読んだことがありません。とにかく怖くて、何度か
読み返しましたが、その度に改めて怖いな~と思わせられる作品です。
人の思い込みの怖さ、話して通じない相手に対する恐怖がひしひしと伝わってきます。

『悪の教典』は気にはなっていたのですが、ものすごいボリュームなので「他にも
読む本はあるし」と横目で見て素通りしていたのでした。
そうしたら、たまたま会社の後輩と最近読んだ本の話をしていた時に話題になり、
「貸しましょうか?」の一言に飛びついてしまいました。
ありがとう。楽しませていただきます。

CDは、これもたまたま、最近気になっているシューマンの話をしていた時に後輩が
「CD持ってますよ。聴きますか?」と言ってくれたので「貸してください!」と
これにも飛びついてしまいましたcoldsweats01

CD4枚の内、3枚がシューマン、1枚がショパンです。
私はよく聴くジャンルが古楽系統に偏っているので、なかなか世界が広がりません。
こういう機会はとてもありがたいです。
アルゲリッチとケンプは全く同じ内容で《子供の情景》と《クライスレリアーナ》。
同曲異演なのですごく楽しみです。
残りの2枚はミケランジェリです。ケンプとアルゲリッチは自分でもCDを持って
いますので聴いたことがあるのですが、ミケランジェリは初めてです。
とても有名なピアニストなので名前は知っていましたが、どんな演奏でしょうか。
ミケランジェリのシューマンは謝肉祭。謝肉祭は最終曲の「フェリシテ人と闘う
『ダヴィッド同盟』の行進」が結構お気に入りです。
ショパンはマズルカ、前奏曲、バラードなど有名どころが揃った内容です。

当分退屈しないな~。優しい後輩達に恵まれた幸運に感謝です。ありがとうconfident


先日、CDで以前からどうしても欲しいと思っていたものをついに買いました。
かなり大きな買い物でしたが、念願かなってなのでとても嬉しいです。
取り寄せ中なので、今は届くのをワクワクしながら待っているところですlovely

|

« 泡立てる | トップページ | CDの管理 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130455/49119240

この記事へのトラックバック一覧です: ホクホク:

« 泡立てる | トップページ | CDの管理 »