« 『配達赤ずきん』読了 | トップページ | こんな本を見つけました。 »

『わくらば日記』読了

『わくらば日記』読了

「姉さまが亡くなって、もう三十年以上が過ぎました。」(『追憶の虹』)

これも友人から借りた本の中の一冊。

優しく、切なく、哀しく、愛しい人々の日常が詰まった短編集です。
妹が、若くして亡くなった大好きな姉との思い出を語る形式で物語は進んでいきます。

謎解きでもあるのですが、それは姉さまこと鈴音(りんね)の不思議な力によって行われます。通常の謎解きとは違いますが、重要なのは謎解きそのものではなく、そこから浮かび上がってくる人々の営みです。
まだ子どもであった妹の、時には残酷とも思えるような視点や彼女には理解できない大人達の事情、大好きな姉さまを守りたい気持ち、それら全てを大きく包み込むような姉の優しさ。
昭和三十年代が舞台で、実際に目にしたことはないはずですが、ちょうど自分の親の世代だからでしょうか、不思議と懐かしい気持ちになります。

収録作品の中でも『流星のまたたき』の純粋で切ない優しさと哀しみが好きです。

|

« 『配達赤ずきん』読了 | トップページ | こんな本を見つけました。 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130455/48930749

この記事へのトラックバック一覧です: 『わくらば日記』読了:

« 『配達赤ずきん』読了 | トップページ | こんな本を見つけました。 »