« 『石の猿』読了 | トップページ | 『誘拐症候群』読了 »

『失踪症候群』読了

21g1cemrz6l_sl500_aa140_1_2 「-いずれにしろ、親からは逃げられても、自分の人生からは逃げることはできませんからね。」(『失踪症候群』)

一言で言って、現代版必殺仕事人。著者の貫井さんが必殺仕事人の大ファンらしいのです。展開はもう仕事人そのままなので、BGMが聞こえてきそうです(笑)

警視庁の事務職に席を置く環がさしずめ中村主水ですね。でも、中村主水のように怖い姑や奥様がいるわけではなく、謎の多い、かっこよくて渋いキャラクターとして描かれています。チームは環を含めて4人。環以外のメンバーは警察関係者ではありませんが、それぞれに過去を抱えています。

エンターテインメントして面白い設定だとは思いますが、それぞれのキャラクター像が今ひとつ浮かび上がってこないのが残念なところです。事件もその真相もありがちな感じで、今ひとつ盛り上がりに欠けた気がします。三部作でこの後『誘拐症候群』『殺人症候群』と続くのですが、どうでしょうか。

|

« 『石の猿』読了 | トップページ | 『誘拐症候群』読了 »

読書」カテゴリの記事

コメント

lilyさん、こんにちは。
典型的な乱読派です(^^;)
気分にムラがあるので、読む時は
集中してドンドン読みますが、
読まなくなるとパッタリ・・・。
今は読書エンジンにターボが
かかっている状態です(笑)

lilyさんも読書好きなのですね。
自分の好みの本ばかりだと
偏ってしまうので、お勧め本が
あったらぜひ教えてください。

投稿: ノン | 2009年7月23日 (木) 11時07分

次々と本を読まれていますね!私も本は
好きなのですが最近、読んでいません(^_^;)
久しぶりに図書館に行ってみようかな♪

投稿: lily | 2009年7月21日 (火) 14時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130455/45695208

この記事へのトラックバック一覧です: 『失踪症候群』読了:

« 『石の猿』読了 | トップページ | 『誘拐症候群』読了 »