« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

思いがけなく

今日でクリスマスムードともお別れですね。昨日会社帰りに銀座の三越へ行ってみました。人混みが苦手なので、いつもは時期的に混雑しているのが分かっている時にはあまり近寄らないのですが、ケーキでも買って帰ろうかな~なんてふと思いついて。しかし・・・・・coldsweats02とんでもない混雑振り。予想をはるかに超えていました。どのケーキ屋さんの前にも長蛇の列ができていて、“最後尾はこちら”なんていう札を持った店員さんが立ち、「○○のケーキをお買い求めのお客様!こちらが最後尾です!!」と声を張り上げていました。その様子を見ただけで、クラクラしてすぐに退散しました。あの過熱ぶりはすごいです。本来のクリスマスとは全く違った形で発展している、日本特有のクリスマスの凄さを改めて思い知らされました。こういった傾向には賛否両論あると思いますが、年の瀬に暗いニュースが続き、少しでも気持ちを明るく盛り上げたい人が多いのかも知れない、なんて後になって思いました。(その場では熱気に圧倒されて、そんなことを思う余裕など全くありませんでしたが(^_^; )

帰宅したら一通の封筒が届いていました。届いていたのは、コンサートのチケット2枚。友人から、プレゼント企画があるけど一緒に応募してみない?と誘われ、ダメ元で・・・と思って応募してみたものでした。過去の実績から、自分のくじ運には全く期待していなかったので驚きました。妹にそう話したら、素敵なクリスマスプレゼントpresentが届いて良かったねと言われて、より一層うれしくなりました。元は自分で応募したものですが、思いがけなくクリスマスに届いたことで、サンタさんがくださったプレゼントのように感じています。コンサートは今週の土曜日です。

ちなみに我が家のクリスマスイブのディナーは“おでん”でした(笑) はんぺんにも卵にもおつゆがしみしみでとっても美味しかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『怪のはなし』読了

40877125671 整理を始めてから自粛していた本の購入でしたが、この本が出たのを知って迷わず購入しました。かなり以前に出た『怪談徒然草』が大好きで、いつでも取り出して読めるように本棚の好位置に常にキープされているのです。

加門さんの実話怪談の面白いところは、加門さんの強気の語り口で読んでいると、怖い話でもなんだか笑ってしまうこともあったりして、不思議な魅力があるのです。常に拘わっているからこそ厳しい、時には優しい眼差しをあちら側のモノへ向けているのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いただきもの

Rimg1499 会社で小さなお菓子を二ついただきました。左側は有名な山田屋のおまんじゅう。小さいけれどとても甘い。皮は本当に薄っらかかっているだけ。透けて中の餡が見えます。小さなおまんじゅうがびっしりと箱に並んでいるところは可愛らしくて好きなのですが、たくさんいただくことが多いので、ウチのような小さな会社では、時折もてあますことになります(^-^; 贅沢な話ですよね。もちろん悪くならないうちにご家族へ持って帰っていただいたり、たまたま訪ねてこられた業者の方のお茶請けに出したりして無駄にはしませんが。

右の小さな最中は仙台へ研修に行った方がお土産でくださいました。小さくて可愛いです。知らないうちに箱は捨てられてしまっていたのでなんという最中かは分からないのですが、フィルム包装を見ると「(株)佐勘」と書かれていたのでネットで調べてみたら、秋保温泉のホテルでした。ホテルオリジナルのお土産物のようです。最中の皮の表面に様々な形が浮き彫りになっています。私のは銀杏と柊のようです。

甘い物は好きだけれど、甘すぎるのが苦手な私にはこの位のサイズがお茶請けにはちょうど良い。トロリとした良いお茶を淹れて、ほっこりしながら楽しむ幸せなひとときです。

9月の終わりからずっと取り組んでいた部屋の片付けは、やっと一段落しました。今私の部屋には床に直置きされたものはありません。棚やタンスの上のディスプレイも最小限。とても見通しが良くて快適です。いつも雑然として落ち着かなかった部屋が驚くほど変わりました。家の中全体もかなりのスリム化をしたので、家全体の風通しが良くなった気がします。でも、一段落ではありますが終わりではありません。この状態を維持していくためには定期的な持ち物の見直しをしていくことが重要です。更に重要なのが無計画に物を買わないこと。今回のことで、今まで如何に無頓着に物を手に入れていたかがよく分かりました。分かりすぎて正直辛い部分もありました。もちろんこれからも生きていく以上、全く物を増やさずに過ごすなんて無理な話ですし、そのことに必死になってしまうのは本末転倒のように思います。自分の本当に好きなもの、大切なもの、それを見失わないための整理整頓ですから。物を整理していく過程で自分の気持ちも整理されてきます。少しずつ身軽になるにつれて、客観的に自分を見る余裕が出てくる気がします。・・・なんて言っていますが、もともと超熱しやすく冷めやすい質なので、この余裕を失ってしまわないように十分に気をつけたいと思います(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »