« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

まだまだ整理続行中

まだまだ整理が続いています。

CD&DVDに更に増えた本を加えて段ボール箱6個にもなりました。もちろん、私のものだけでなく、家族のものも含めてですが。クラシックのCDもかなりの量になるのですが、こちらは現役で楽しんでいるものなので処分ではなく、収納方法を変えました。不織布のものを購入してそちらに入れ替え、プラスチックのケースを廃棄。これだけで全然スペースが違ってきます。ただ、そんなクラシックのCDも企画ものやコラボもので当時は結構聴いていたけれど今はBGMにすら使っていない、というものは処分の対象としました。部屋の壁の一部を占領していた数百枚に及ぶCDとラックを片付けたことでとてもすっきりしました。本も全て本棚に収まり、以前は入りきらない本がその前に積み上がっていたのですが今後はここに入りきる量しか持たないことにしました。

今日は紙ゴミの回収日でしたので、早起きして家族がそれぞれに溜め込んでいた雑誌や古くてシミだらけで古本屋さんも引き取ってくれないような本をせっせと運びました。1回ではとても出し切れない量なので、残りはまた次回に持ち越しです。雨が降ると出せないので、週間天気予報とにらめっこしながら過ごしています。

その他にも押し入れの中や天袋の中、納戸、クローゼット、あちこち中を総ざらえして処分品を選別しています。粗大ゴミも随分出しました。驚いたのは、家の前に粗大ゴミを出してしばらくすると無くなっているものがあることです。どうも粗大ゴミ回収日にこの近辺を車で回って使えそうな物を持っていく人がいるようです。こちらは処分するつもりで出したものですから、リサイクルして使ってもらえるのならそれはそれで良いはずなのですが、なんとなく釈然としないものを感じてしまいます(^_^;)

床面が広がってきたことで掃除もしやすくなり、あちこちをこまめに片付けるようになりました。明日は会社のお友達がベアを見に来ることになっています。彼女にとってのオンリーワンの一体を選んで引き取ってくださるのです。全てのベアにこうやってお家を見つけてあげられれば言うことはないのですが・・・。

まだタンスの引き出しの中や細々した雑貨類の整理が残っています。もう一がんばりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栗ごはん~♪

Vfts0044 会社の方から栗のお裾分けをいただきました。とても大きな栗で、その方のお友達のお家で毎年取れるのだそうです。無農薬だから早めにね、と言われたので早速栗ご飯を炊いていただきました。ご飯のお塩加減がとても上手くいって、ほくほくの栗のほんのりした甘味が引き立ち、とても美味しかったです。嬉しい秋の味覚のお裾分けでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに・・・

このところ整理日誌みたいになっていますが、ついに、気づかないふりをして避け続けていたところに手を付けることになってしまいました。

ベアたちです。何年も一緒に過ごしてきたベアたちの整理を迫られる結果となってしまいました。苦渋の決断ですが、どうしようもありません。今までほぼクマ部屋と化していたところを明け渡さざるを得なくなり、なんとか全て自分の部屋に持ち込めないかと四苦八苦しましたが無理でした。心のどこかで分かってはいたんです。諦めなきゃいけないって。家族からの視線も増殖の一途をたどるベアに年々厳しくなっていましたし・・・。手放せないとぐずぐずしている私に決心させたのは家族の次の言葉でした。「残すのなら家には置けないから段ボールにでも入れてトランクルームにでも預けるしかないね。でも、それで本当にベアたちを可愛がってる、大切にしてるって言えるの?」返す言葉もありませんでした。確かに、今までは家の中のあちこちにベアがいて、顔を見れば声を掛けたり触ったりしてあげることができましたが、これからはほとんどのベアたちを箱に押し込めておかなくてはなならなくなるのです。そう考えたら、代わりに可愛がってくださる方の手に委ねるのがベアたちにとって一番良いのではないかと自分を納得させました。(どう言い訳しても、ベアたちにとっては災難以外の何ものでもないのですが・・・。)

ベアを全て手放すことはとてもできないので、部屋にある棚の一角をベアの為に空けて、ミラクルさんのベアの他、数体のベアだけを残すことにしました。あとの子達とは涙を呑んでお別れです。チーキーやシュタイフのベアを手放すのももちろん辛いのですが、アーティストさんのベアを手放すのが本当に辛いです。オークションやショップで購入したものもありますが、作家さんから直接譲っていただいたものもあり、皆さんが我が子のように大切に送り出していらっしゃることが分かっているだけに申し訳ない気持ちで一杯です。

11月の下旬にベアたちは旅立っていく予定です。それまで、一体一体話しかけながら丁寧にグルーミングして送り出してあげたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まだまだ整理中・・・

先月下旬から続いている整理ですが、まだ続いています。今、家の中は凄い状態ですが、ともかく今月中に決着を付けるべくがんばっています。

現在はCD&DVDに手を付けています。これも本と同じで、買ったことでいつでも観られると安心してしまい開封もしていないものがちらほら・・・。自分の無計画な買い物ぶりに呆れてしまいます。残しておきたいものは全てプラケースから出して不織布のケースへ移し、趣味が変わってしまって興味の薄れたものや今後も視聴しないであろうと予想できるものは、例え視聴していないものでも処分の対象としました。CDはほとんどクラシック音楽のものなので、それについては処分するつもりはないのですが、気まぐれに買った洋楽やJ-POP、映画のサントラを今まで処分できずにいましたので、これを機会に一掃します。

周囲の環境の変化に伴い、どうしようもなくて仕方なく始めた整理ですが、自分にとって必要な過程なのだと今は思っています。今までの自分を見つめ直す作業です。自分の持ち物を徹底的に取り出してみるということは、普段の生活ではなかなかしませんし、できません。実際やってみると想像以上に大変です。別に部屋中に物が溢れているわけでもないし、収納がたくさんある部屋というわけでもないのに物が湧いて出てくる感じです。整理は溜めると大変ですね。気力体力を消耗します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮部みゆき 初期3作品読了

本棚の整理をしていたら、奥の方から宮部みゆきさんの『東京下町殺人暮色』、『レベル7』、『火車』が出てきました。最近の作品は実はほとんど読んでいないのですが、あ~昔好きだったなぁなんて感慨にふけりながら読み始め、結局三冊とも読了。三冊とも見事なまでに内容が記憶の彼方に仕舞い込まれていて、まるで初めて読んだように楽しめました(^_^;)

三冊ともちょっとおませな子供が登場し、それぞれ身近な大人たちを励ましたり時には叱ったりしながら暮らしています。私は『火車』に出てくる子供(既に名前を失念)が好きです。直接事件に関わっていくのは『東京下町~』に出てくる子供だけですが、宮部さんの描く子供はどこか大人びていて、時折大人以上に冷めた目で世の中を見ていたりします。まるで見透かされてしまいそうで怖くもあり、でもそれ以上にいじらしい感じを受けるのです。小さい手を一杯に広げて、自分たちなりの方法で親や自分の周囲を守ろうと一所懸命な子供たち。そこがなんとも可愛らしくて、時には生意気な!なんて思っても、こいつ!しょうがないな~とグリグリしたくなるような、そんな子供たちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家中の整理をしています。

前回書いてから仕事方面がにわかに忙しくなり、またまた更新が滞りがちに・・・。そんな中、よろよろしながら本棚の整理を終えました。結局200冊ほど処分することになってしまい、未読のまま処分せざるを得なくなってしまった本には本当に申し訳ないと思いました。

現在我が家では家族総出で不要品の整理に明け暮れています。現在の家に引っ越してきてから数十年、その間に収納できるあらゆる場所に収納してきた様々な物品の整理に追われています。物置や納戸を整理する度に出てくる不要品の山には、我が家のことなが仰天してしまいます。リサイクルに回せるものはできるだけリサイクルに、と思ってはいても、いかんせん数十年を経た物を引き取ってくださるところもなかなか見つからず、結局はゴミとして出さなくてはならないものが大半です。家の中が散らかっている訳でもなく、むしろ物を出しておくことの嫌いな母の影響であちこちに物の山が出来ているなんてことは一度もなかったのですが、それでもゴミ屋敷かと見まごうばかりの廃棄物の量に愕然とします。

事情で始めざるを得なかった家の中の整理ですが、今までの自分たちの生活を見つめ直す良い機会になったと思っています。もったいない、と思うことは大切なことと思いますが、それで数十年死蔵(その間一度も使用せず)した結果、引き取り手も見つからずに廃棄する方がよほどもったいない。それならば、まだまだ新品のうちに希望される方に譲るなり、リサイクル品を販売しているところに持ち込むなりした方がましです。何より、周囲に流されて自分の好みに合わない物を購入したり、その場しのぎの間に合わせで物を購入しないことが大切だと今回のことで実感しました。

もちろん、そんな使わなかった物ばかりでなく、散々使い込んで傷みもひどくもう使用していないけれど処分できなかったものや思い出の品々もかなりの量です。けれど、それらも厳選して本当にどうしても処分できない、というものだけを残しすようにしました。

家中のもの全てを整理するなんて、そう短期間で出来ることではないし、家族で暮らしている以上、自分のもの以外のものだってたくさんあります。そして、価値基準もそれぞれですから、自分がいらないと思っても他の人には必要だったりします。この辺りの折り合いを話し合いつつ、最初は一気に、あとは気長に少しずつ整理していこうと思っています。現在私はDVDとCDの整理を検討中です。映画も音楽も好きなのでかなりの量を持っていましたが、こちらもそろそろ考えなくてはいけなくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »