« 2008年4月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年5月

薔薇空間へ・・・

渋谷の文化村で17日(土)から開催されている「薔薇空間」を観に行ってきました。ルドゥーテの薔薇の版画を中心にしたもので、薔薇の種類ごとに展示されていて、精緻で美しい薔薇の花の版画を楽しむと同時に、植物としての薔薇の種類や系統を楽しめるようになっていました。Vfts0008_3 会場には、系統ごとの薔薇の香りがさりげなく漂っていて、展覧会場にいるのにまるで薔薇の花の中にいるような演出がされていました。

Vfts0009 ルドゥーテの「薔薇図譜」という本の存在は以前から耳にしていましたが、実際に目にしたのは今回が初めて。つい先日、河出書房新社から大型本が出版されましたが、さすがに高くて・・・。そんなあこがれの薔薇の絵を間近で観ることの出来る絶好の機会でした。会場も初日でしたがそれほど混み合ってもいなくて、のんびりと心ゆくまで観賞することができました。惜しかったのは、会場で流していた映像のBGMが大き過ぎたこと。せっかく花園にいるような演出がされているのだから、もう少し音量を絞っても良かったのではないかと思いました。会場の最後のセクションは大きく引き延ばした薔薇の写真のトンネルでした。薔薇の肖像写真のようで面白い演出でした。

Vfts0025 会場の外のスペースはカフェ・ドゥ・マゴのオープンスペースになっているのですが、その周囲にたくさんの薔薇が並んでいて、絵を見た後に本物の薔薇が楽しめる工夫がされていました。それほど大きなスペースではないのですが、たくさんの薔薇の鉢植えがあって、写真を撮ったり香りを楽しんだりできるようになっていました。薔薇の香りが種類によってこれほど違うとは知らなかったので、驚きつつ、あちらこちらと花に顔を近づけては深呼吸をしてしまいました。ここで花を眺めながら時を過ごすのも素敵です。デジカメを忘れてしまったので、携帯で撮影しましたが、古い機種なのであまり綺麗には撮れませんでした。残念。

有名画家の大作、というような展覧会ではないので少々地味ですが、薔薇好きの方やボタニカルアートの好きな方にはオススメです。

Vfts0013      Vfts0015      Vfts0031 Vfts0018 Vfts0032 Vfts0029 Vfts0027

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろものっぽいけれど

P1000729_3 スネークパンキンです。結構派手な色とちょっと変わったいでたちだったので、最初に見たときは、んん~?という感じだったのですが、しかし、かわいいのです、彼。やんちゃ顔のいたずらっ子な感じで、頭の上の毛もふっさふさです。相棒の蛇も結構よくできているのです。パンツにもさりげなく縞々入ってます(笑)

P1000732_3 蛇を巻いた姿を友人に見せたら爆笑して、いたく気に入ってました(笑)当時はものすごく奇抜な感じがしましたけど、この後に続々登場したかぶり物とか変わりチーとかを考えると、比較的大人しいほうだと思います。蛇を取ると意外と普通のパンキンです。

P1000731 我が家の数少ないチーキーやパンキンの中でも変わった子の部類に入ります。しかし、やっぱりかわいい~heart04このやんちゃ顔、かなり気に入ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今更ながら・・・

今年もあと1ヶ月程でコンベンションの季節が巡ってきます。結局去年お迎えしたベアをアップする、すると言っていてなんと一年が経ってしまいました。有限不実行・・・お恥ずかしい。 

で、今更ですが、昨年のコンベンションで幸運にもお迎えがかなった大好きなミラクルさんP1000650_5 のベアです。名前はWILL。ミラクルさんの人柄そのままのと~っても優しいお顔です。そして、抱き心地も素晴らしい。とても柔らかなのに適度な弾力があって、くったりしているけれどし過ぎてない。抱きしめるとふんわり優しい気持ちになれる可愛くて愛しいベアです。オープンしてから結構時間が経ってから伺ったのに、こんなに素敵な子に出会えて本当にラッキーでした。

P1000658_2 以前にミラクルさんのところからお迎えしたJOYとは大の仲良し。いつも二人で寄り添っておしゃべりしてます。今年のコンベンションはどうしても予定が合わず、行くことができないのでとても残念。どちらかを里帰りさせてあげたかったな~。 

P1000653_2 WILLの優しいお顔のアップを、と思ったけれど、やっぱり写真下手だなぁ。実際はこの何百倍も素敵な子なのですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年8月 »